HOME 体験記録:1〜3日目 4〜7日目 8〜10日目 11〜13日目 14〜16日目 自己紹介 リンク集

【体験】ほくろ除去もぐさを試してみた〜ほくろ取りに挑戦。失敗しませんように。

このサイトは、ほくろで悩む私(管理人)が「ほくろ取りもぐさ」を使ってほくろ取りを実践してみた体験談や、日頃の悩みなどをつづったサイトです。

ほくろの悩みや雑談などの掲示板も近々開設予定です。

体験記録 1〜3日目

ネットで見つけた「ほくろ取りもぐさ」(販売ページはこちら)についての体験記録です。使用記録がネット上にほとんどないので(販売ページには大量にありますが・・・)、実際に使用した感じを公開します。いまいちなホームページの見た目はご勘弁下さい。

 

ほくろ取りに挑戦 1日目 〜 お灸の練習、熱さに慣れる

初日です。緊張しますねさすがに。

まずは説明書に書いてある通り、ほくろ取りもぐさと線香を用意しました。私はたばこをすわないので、灰皿のかわりにプラスチックの入れ物に線香の灰を入れることにしました。あと、鏡も用意しました。これで準備万端です。さあ始めましょう。

袋からもぐさを取り出し、解説書の通りに円錐状(えんすいじょう)にします。ふわふわしているので指でかたちを整えながら円錐にしました。どれだけ固めればいいのか加減がわかりませんが、少し硬めにやってみました。

ほくろの上に乗せます。線香に火をつけます。線香の香りがします。好きな香りですから少しリラックスします。今回は顔の目の下のほくろなので、寝転がって火をつけました。目に灰が入らないように少し下を見ながら線香で火をつけます。線香がなかなか安定しないためつばをつけてくっつけました。

火がついて、もぐさが赤く光り黒く灰になっていきます。まさにお灸って感じです。以前せんねんきゅうのCMを見ましたが、あんな感じでしょうか。

最初は適度な熱さですが、肌に近い部分になると熱くて我慢できません。手ではらってしまいました。まあ初日は慣れるという意味で、1回やって終わらせました。熱くて涙が出ました。でもやけどはしてないようです。
※ほくろ取りもぐさの管理人さんに問い合わせたところ、涙が出るほど熱いのは失敗しているらしく、実際にきちんとほくろにお灸が出来ていればそこまで熱くないとのことでした。

何はともあれ初日はだいたいお灸の仕方もわかりましたし、熱さも耐えられる程度だったのでよしとしました。

ちなみにほくろはあまり変化がないようです。しいて言えば少ししめった感じでくろびかっていました。これももぐさの効果なのかわかりません。明日起きてみて変化があるのかないのか、楽しみというか不安というか、正直言えばどっちでもいいというかだめもとというか、でも少し期待してたりします。

 

2日目 〜 お灸に慣れる、ほくろにつっぱり感?

2日目です。朝起きてほくろを確認しましたが特に変化はないようです。解説書には3〜4日目までは変化がないと書いてあるのでこんなものでしょうか。

さて今日もはじめます。昨日と同じく円錐状にして横になって火をつけます。鏡を見ながらやります。 今日はだいぶ要領がわかっています。熱さも慣れてきた気がします。

一回目のお灸が終わりました。解説書には一日3回お灸をする、と書いてあったので、今日は二回やってみることにしました。 要領もわかってきて二回目も順調かと思いましたが、ほくろからお灸がはずれていたようで肌を多少やけどしてしまいました。熱かったです。さすがに三回目は断念しました。

この後、夜に風呂に入ってから感じたのですが、ちょっとほくろがつっぱっているというか張っている感じがしました。解説書を見るとちょっと二日目あたりはお灸をしたほくろが膨らむようなことが書いてありましたのでそのことかもしれません。

なんとなくですが、明日かあさってあたりは何かしらの変化がありそうな気配がただよっています。これで本当に取れるとすればすごい商品だなっておもいますね。

 

3日目 〜 変化が見えず、不安になる

3日目になりました。変化はまだないですね。やっぱり昨日のお灸は失敗していたようで、ほくろの下あたりがやけどしていました。ひりひりします。嫌です。でも今日も追加で一回もぐさを焼きました。あいかわらず熱いです。最初の間は気持ちいいんですけどね。ほくろと近いところが燃えるとかなり熱いです。管理人さんに相談しましたが、この熱さはそのうち気持ちよくなってくるとのことでした。本当でしょうか。

この日も寝る前に確認しましたが、ほくろにはあまり変化はないようです。少し不安になります。もぐさの量が少ないのかちょっとわかりません。でも管理人さんに相談するとこれで問題ないようなので、一気にやらずに少しずつやってこうと思います。

 

4日目 〜 ほくろが取れそうな、はがれそうな気配

続きを読む

 

inserted by FC2 system